銀行預金の金利が低すぎたので投資信託で積立NISA始めました

どうも!トム次郎です。
僕はコツコツお金を貯めるタイプの人間でして毎月10万円。
ボーナスの半分を貯金してきました。
日数にして3年。
いやーちょっとずつ貯まっていくお金を眺めるのって気持ちいーじゃないですか!
しかしその通帳を見たときに衝撃を受け積立投資を受けたというお話!

財形貯蓄で3年で400万円貯めました!

そこまで誇れる金額ではないですけど結構な金額ですよね。
一応これ以外にも資産はありまして、財形貯蓄で貯めた額です。
財形貯蓄は会社に給料があらかじめ別の口座に振り込まれるように申請することができるシステムで、気がつかないうちに貯金が増えていきます。
特に浪費家でお金を貯めるのが苦手という人にオススメできるシステムです。
このお金は普通預金のようにコンビニで気軽に下ろせないので、自分で自分のお金にカギを凍結しているようなイメージ。
ただし本当に必要な時は銀行の窓口に行けば当日現金を受け取れます。

このシステムを使って「気付いたら貯金」を始めたのが3年前。
実家暮らしだったのもあって結構な勢いでお金を貯めることができました。

仮想通貨を始めて積立投資を考える

それとは別のお金を使って巷で話題の仮想通貨を購入してみました。
ただし、これは投資というよりもギャンブルに近い感覚で始めました。
最悪なくなってもいいかなと思って全く手をつけていない口座に入っていた100万円を投資。
面白いくらいに増えた後に面白いくらい減って現在収支はトントンww

一度は400万円まで増えたんだけどなぁあーー!!

でもふと思いました。

銀行に預けてるの損じゃね!?と。

スポンサーリンク

銀行に預けているとお金が減る説

給料をもらっている人の大半は銀行に振り込まれるし、手渡しだとしてもそのお金を銀行に預けると思います。何も考えずに。

これってどこで教わったんでしょうね?
お金を保管する場所は銀行であるのが常識になっています。

銀行に預けているメリットは
「安全?」
「増える?」
と言われているからかしら?

タンス預金より安全だ!っていいますが、家に泥棒が入る確率なんて相当低い気もしますし、日本の銀行は通帳と印鑑が揃えば他人でも引き出せちゃえますからね!
それを金庫にしまうくらいなら札束を入れておいても変わらない気がww
金庫に入らないくらいの現金を持っている人には銀行預金の方がいいのかもですけどね。

低く見積もって3000万円くらいかな!!

一番よく言われているのが銀行に預けて入ればお金が増えるってやつですね。
でもこれって本当でしょうか?

まず現在の銀行の金利は普通預金で年0.001%くらいです。
小さすぎてイメージがわかない数字ですが1万円預けていると1年で10円になります!
10万円預けていると100円です!

それに対して手数料が高すぎですよね。
コンビニで深夜にお金を下ろすと200円。
別の銀行に振り込むと400円。
キャッシュカードの再発行手数料なんて1000円とかしますからね!
「こちとら金貸しとんねんぞ!」と借金取りがブチギレるレベル。

しかもメガバンクは「口座維持手数料」なるものを徴収しようとしているみたいです。
その名の通り「うちの銀行口座を持つにはお金がかかります。」というもの。

なんでお金を貸す側が借りる側にお金を払うの!?ww

これじゃあ銀行預金=お金が増えるではなく
銀行預金=お金が減るの方が可能性としては高いですよね。

銀行預金の利息が低すぎてバカらしくなった

でも僕も何も考えずにお金を銀行に貯めていたので金利もそこまで意識してなかったです。
「せっかくお金貯まってきたし投資するかなー」くらいな軽い気持ち。
そこで財形貯蓄を解約したときの金利を見て驚愕!!

元金425万円に対して利息が858円!!
少な!!!

さらに内訳を見てみると

1041円の利息に対して税金で183円も引かれてるがなぁ!!

何この国。日本◯ね!

もう銀行に預けるなんてやってられんですわ。
「コツコツお金を貯めてから投資!」と思っていましたが
「最初からコツコツ投資」した方がリターンは大きいんじゃないかね!!と思いましたよ。

楽天証券を開設してみた「マイナンバーウザすぎ!」

考えるほど腹が立ったので投資を始めようと楽天証券を開設。
理由は「楽天カード」のポイントが使えるから!!
日頃から使っているカードでほとんどの支払いをこれでしているため月に1000ポイントくらい貯まっています。
このポイントをそのまま投資に使えるというのが最大のメリット。
しかも100円単位で始められるというのも気軽で良かったです。

そのほかにも、別の投資のために色々登録したものがあるんですが、

マイナンバーが必須なんですよ!!!

いや。そんくらいえーやん。って話なんですが、最近引っ越して役所にマイナンバー持ってくの忘れてて住所変更してなかったんですわ。
その住所変更のせいで休みの日の1時間無駄にしました。
マイナンバーのメリットってなんやねん。

日本◯ね(笑)

株ではなく投資信託を選択

一般的な投資といえば株を思い浮かべると思いますが、あれってチャートが気になって生活に支障が出るレベルなんですよね。
10秒時間が空くとチャート見ちゃうみたいな。

それに比べて投資信託は値動きは1日1回!
これならチャートに張り付かずに済むかなーと!!

投資信託とはプロに運用をお任せする商品。
素人が下手に株を買うよりも間違いないかなーと!!

ちなみに銀行預金が増えてくると、銀行側から運用の話を持ちかけられますが

銀行で投資信託を買うのは絶対にやめた方がいいです!!

これはあとから調べましたが銀行が販売している投資信託は手数料がかなり高いです。
絶対にネット証券を使って始めた方がお得です。

iFree S&P500インデックスを買ってみた

投資信託にも種類がたくさんある中でこれを選びました。なぜなら

投資の神様「バフェット様」が薦めているから!

バフェットという投資家は100万円を9兆円に増やした男です。

彼が奥さんにこの資産を「S&P500に連動した商品に9割買え」と発言したことで話題になりました。
「S&P500」とは「日経平均」とか「ダウ」と呼ばれるようないくつかの株の平均値を出したものでアメリカ株の優良企業をまとめた指標です。
「アップル」「ジョンソン&ジョンソン」「フェイスブック」など。
アメリカの企業にいい感じに分散投資ができます。

これに連動する商品を買っておけば「熱い!ヤバイ!間違いない!」

投資の神様が言っているわけですからね。もう9兆円もらったようなものですよ。
チャートを見てもちゃんと上昇しています。


出展:MSN

リーマンショックの後からの上昇がとてもキレイで美しい。

楽天証券でS&P500に連動している投資信託がこの「iFree S&P500インデックス」になるわけです。
インデックスというのはできる限り指標となるチャート(この場合S&P500)の動きにできる限り連動させて運用しますというもの。
この商品の最大のメリットは「NISA」にも対応しているところ!
もともと非課税になる積立NISAを使おうと思ってたので見つけた時にガッツポーズですよ。
だって1000円の利息に180円も税金取られたわけですからねww

NISA口座の開設が遅すぎなので普通に買いましたw

記事のタイトルに積立NISAと書いておきながらこの口座の開設まで1ヶ月近くかかっているので待ちきれずに普通に買っちゃいました。
ちょうど楽天証券の口座を作った段階で歴史的な株価の暴落があったのでそのタイミングで仕込んでみました。
とりあえず30万円分。

NISAの開設ができたらそっちに切り替えていこうと思います。

30万円投資し1日で銀行金利を超える利益w

買って翌日、口座を確認してみると、、

プラス2000円キタアァーーーー!!

※中途半端な3600円は楽天ポイントで試しに買ってみたやつです。

すごくないですか?
たまたま良いタイミングだったにしても1日ですよこれ!!

もし銀行預金ではなく投資信託でお金を貯めていたら

虚しいですけど僕の貯め方で同じ投資信託を買っていたらどうなったか計算してみました。

S&P500の利回りはかなり低く見積もっても年6%くらい。
これを僕の月10万円。ボーナス半分で計算してみました。
keisan」というサイトで計算した画像を掲載します。

僕は425万円貯めて1000円の利息をもらったので最終的に425万1000円になりました。
もしこれをS&P500連動で運用していたら455万4800円になっています。
その差30万円!!

これは利回りをかなり低めに見積もっているので実際にはもっと増えていました。

悔しすぎるよおぉおーー!!

もう銀行預金なんてしない!

もうこれからは銀行に預けるお金は最低限だけにしようと思いました。
150万円もあれば余裕で足りるのでそれ以外いろんなところに投資していこうと思います!
投資信託は特に積立向きなので毎月コツコツ貯めていきますよ!!

目指せ億万長者や!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)