コインチェック事件から考える安全な仮想通貨取引所はここだ!

どうもートム次郎です。
先日起きた歴史的な仮想通貨取引所のハッキング事件。
コインチェックが500億円以上相当のXEMがハッキングされ顧客の資産を失いました

そのうちの35万円分は僕の資産ですww

とりあえず日本円での返済が発表されたので一安心ですが世間では仮想通貨が危険という認識が一気に広まりました。
これまで全く安全管理をできていなかった人が意識するようになりました。
しかし仮想通貨そのものが危険と感じてしまい市場が伸びなくなってしまう可能性もあります。
そんなわけで安全という意味でどの取引所がオススメなのか考察したいと思います。

コインチェックは金融庁に許可されていなかった

今回ハッキングの被害にあったコインチェックは金融庁に営業許可をもらえていませんでした。
ただし、これはセキュリティー対策が甘かったというわけではなく単純に取り扱っている通貨のなかに匿名通貨が入っている問題と言われています。
一般的に仮想通貨はやろうとおもえば資金の流れを追跡することができます。
しかし匿名通貨はそれができないためマネーロンダリングなどに悪用される恐れがあると金融庁は警戒していたようです。
ハッキングにあった通貨の開発者であるXEM財団は今回の事件を受け追跡できるシステムを完成させると発表しました。
つまり今回の被害にあったのが匿名通貨だった場合、犯人を追いかけることが難しくなっていたというわけです。

コインチェックは金融庁に認められていなかったのは取り扱っている通貨の問題のようで安全性などは考慮されていないようです。
たまにそういったニュースが出回っていますが金融庁が認めているから安全ということではないです。

そもそも金融庁が許可を出していないと仮想通貨の取引所は運営できません。
コインチェックはその制度ができる前に開業していたので後からできた規定を守ってね!という猶予期間なだけです。

なのでこれから開業する取引所は全て金融庁が許可を出した業者だけです。

安全な取引所・危険な取引所

じゃあ取引所を選ぶ目安って何?ってことになりますよね。
そもそも取引所に預けている資産が危険な状態になる要素は2つです。

・ハッキングされる
・経営難で取引所が潰れる(倒産)

コインチェックは前者のハッキング被害でした。
しかし経営状況が非常に良かったので会社の資産でハッキングされた金額を保証することができました。
どんなにセキュリティーが高い取引所でもハッキングのリスクを0にすることはできませんができるだけ低い会社を選ぶことはできます。
2つ目の取引所が潰れるリスクも人気の取引所を選べば危険因子を減らせますよね!

スポンサーリンク

コインチェックの代わりは「zaif」と「ビットバンク」

先ほどの2点を踏まえて結論を出すと「zaif」と「ビットバンク」がオススメです。
まずハッキングされた時のリスクを回避するためにはセキュリティー対策に「コールドウォレット」と「マルチシグ」がポイントになります。

コールドウォレット
通貨をインターネットに繋がっていないオフラインで管理
逆にオンライン上で管理するのがホットウォレット

 

マルチシグ
資産を送金するための鍵を複数にわけて揃わないと開けられないシステム。
例えば1つは取引所に。2つは自分で持っていた場合取引所をハッキングされてもセキュリティーが高い。

簡単に説明するとこんな感じです。
コインチェックはこの2つを使っていませんでした。
規約にはコールドウォレットを使っていると書いてありましたがそれはビットコインだけで他の通貨はホットウォレットに保管されていました。(もちろんXEMも!!)

マルチシグを使っていなかったことに対しては皆さん激怒していましたね。

僕もですがww

この2つを導入していれば今回のハッキングも防げたかもしれません。
zaif」と「ビットバンク」はこれらを導入しています。

2つ目のリスクである「倒産」に関しては株価などが公開されていないため人気度でチェックするしかないです。
インターネットで調べるとこの2社の人気がわかると思います。
コインチェックもセキュリティー面では弱かったですが使いやすくわかりやすいシステムのおかげで人気になり倒産リスクはかなり低かったです。

2つの取引所でリスク分散

結局どの取引所を使ってもリスクは0にできませんが資産を複数の取引所に分散することで被害を最小限に食い止めましょう!
コインチェックを使っていた人に人気だったのは「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ネム」「ライトコイン」あたりです。

zaifの主な取扱通貨
「ビットコイン」「イーサリアム」「ネム」「ビットコインキャッシュ」「モナコイン」

 

ビットバンクの主な取扱通貨
「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」「モナコイン」「ライトコイン」

このように2つの取引所を組み合わせることでコインチェックの銘柄を埋めることができますし、どちらも取り扱っている通貨を分けることによりリスクも減らせます。

せっかく資産の安全管理を意識するようになったことですし、僕もこの機会に分散させてみようと思います。

ハッキング被害から学ばないと成長しないぞ俺!!

公式サイトZaif
ビットバンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)