働き方改革で残業代が減る人は副業よりもFXがオススメ

最近「働き方改革」により残業時間を短縮する流れになっています。
しかしここで問題になるのが残業代で生活費を稼いでいた人たち。
政府は対策として会社に副業の解禁をするような制度を作るようです。
しかし副業で稼ぐと税金の支払いが多くなる制度も同時に誕生しようとしています。

アルバイトなどをするよりも税金の安いFXがオススメです。

働き方改革のメリット

残業時間が減り、自由に使える時間が増えることは体にも心にもいいことです。
仕事が忙しくて趣味を持てなかったり、休日は疲れが取れずに寝て終わってしまったり、出会いの場を作れなくて なかなか結婚できなかったり。
そういったことが解消されれば、趣味で消費が増えることにより経済が回ったり、未婚率も下がるでしょう。
心にゆとりを持てますし短い時間で集中して仕事をすることにより効率化アップにも繋がります。

働き方改革のデメリット

しかし政府がやろうとしている働き方改革には大きなデメリットがあります。
一番大きなのは残業時間を減らすことによって残業代が減り、給与が大幅に下がることです。
残業代前提で給料を設定している会社もあるくらい日本では残業が当たり前になってしまっているのが現状です。
そこに対していきなり「とにかく残業時間を減らせ!」となると収入に直結し、生活がままならない家庭も多く出てきてしまいます。

大手の会社であればその分ボーナスなどで補填したりできますが全ての会社がそうでないのが現状です。

スポンサーリンク

副業解禁の流れ

収入が減って生活が苦しくなるといった声が大きくなってきたので出した次の案が「副業の解禁」です。
そうすれば収入が減らないということなのでしょうが、よく考えてください。

・働きすぎて過労死するような人が出ているので労働時間を規制する。
・残業代がなくなって生活が苦しい。
・残業時間が減った分で副業して稼いでいい

結果:労働時間変わらず

これに何の意味があるのでしょうか?

給与所得控除の改悪

さらに政府は給与所得控除を改悪しようとしています。
今まで収入からかなり大きな額が所得から控除されていたのでサラリーマンの課税所得はかなり少なかったのですが、この控除額が減ることになります。
簡単にいうと増税です。

せっかく頑張って副業をして稼いでも税金で取られてしまっては辛いだけです。

そんな人にオススメしたいのがFXです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)