給与所得控除が改正されるので税金の安い「FX」で投資しよう

どうやら2018年に給与所得控除が改正され年収1000万円以上の高所得者が増税されるようです。
「年収1000万円超の会社員」は増税方向で調整(東京経済オンライン)
給与所得控除がどのように改正されるのか?
なぜFXで投資するのが得なのかを解説していきたいと思います。

サラリーマンは税金が優遇されていた

皆さんは自分の給与所得がいくらかを把握しているでしょうか?
おそらく完全に把握できている人はほとんどいないでしょう。

年末にもらう源泉徴収票を見ると自分の給与所得の少なさに驚くと思います。
ぜひ自分の源泉徴収票を確認してみてください。

源泉徴収票が見当たらない人のためにざっくりと年収別の所得を教えます。

年収 給与所得控除 給与所得
300万円 108万円 192万円
500万円 154万円 346万円
800万円 200万円 600万円
1000万円 220万円 780万円

給与所得は年収から給与所得控除を引いた額になります。

思ったより自分の所得って少ないですよね
この給与所得から基礎控除として38万円引かれたものが課税所得となり、その金額から所得税や住民税が計算されます。(扶養控除などの計算は省いています)

自営業の人はいろんな出費を領収書を使って経費として計上し課税所得を減らしていますがサラリーマンの場合は何もしなくても給与所得控除分の領収書を経費として計上していることになっていました。

つまり税金面でとても優遇されていたことになります。

給与所得控除の改正により増税される流れ

政府はこの給与所得控除が多すぎるので減額する方針です。
その代わり38万円だった基礎控除を増やしてバランスを取るようですが低所得者以外は増税する流れです。

残業手当や営業手当によって年収1000万円を超えるような人には非常に苦しい増税だと思います。
基本給だけで超えているならまだしも、他の人より頑張って得た収入で増税されるのは働くモチベーションの低下に繋がります。
もちろん副業をしてもこの計算に当てはまってしまいます。

スポンサーリンク

FXはどんなに稼いでも税金は約20%

高い税金を払いたくないから残業をしたくない!と思う人も多いですがそうなると収入は減ってしまいます。
そんな時にオススメなのがFXです。

一般的な副業で得た収入は「雑所得(総合課税)」として扱われ単純に給与所得控除の計算に当てはめられます。
それに対してFXで得た利益は申告分離課税として扱われるため利益の20.135%が税金になります。(海外のFX口座は雑所得になります。)

つまり副業や残業代で稼ぐよりもFXの方が圧倒的に税金面で有利になります。
本業は所定労働時間だけ働き、今まで残業や副業に当てていた時間をFXに回して同じだけの収入を得ることができればFXの方が最終的な所得が増えるということです。

FXなら経費計上もできる

残業手当や営業手当では一切自分で経費として計上することはできないですがFXであれば様々なものを経費として計上できます。
もちろんFXで利益を得るための出費だけにしてくださいね!

まとめ

FXの税金面での利点・出費を経費として計上できる
・一般的な副業よりも税金が安い
・所得が多いほど税金面で有利

給与所得控除の改正により年収が高い人ほど増税されることになります。
もし働く意欲が下がってしまうようならFXで稼ぐことを検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)