FX初心者に解説①【入門編:為替取引って何?】

まず最初に為替取引の仕組みについて解説したいと思います。
FXを始めるにはまず為替の仕組みを理解する必要があります。
初心者向けの記事になりますのでしっかり勉強していきましょう!

生活に欠かせない為替のシステム

為替とは変動相場制の通貨(アメリカドルなど)を日本円で購入することです。
海外に旅行に行ったことのある人は利用したこともあると思います。
日本で生活しているから関係ないと思われるかもしれませんが、生活には欠かせないシステムになっています。

例えば「iPhone」はアメリカ製のスマートフォンなので当然アメリカで販売されている商品です。
日本で購入できるのは企業がアメリカから輸入しているわけですが、この時に日本円で買っているのではなく、円をドルにしてから商品を購入して日本に持ち運んでいます。
なので為替のレートによってiPhoneの値段は大きく変動することになります。

為替取引で投資し利益が出る仕組み

為替が日常的に使われていて身近なものだと分かったかと思います。
では次に為替取引を投資として使った場合になぜ利益が出るのかを解説したいと思います。
様々な本やインターネットで解説されていて分かったようで実は分かってない人のために簡単に解説するならば、ドルを商品だと考えると理解しやすいです。
今回は絵画に例えてみましょう。

絵画を5万円で購入したとしましょう。
これを5年間持ち続けていました。
この絵の作者がどんどん評価されていきます。
するとそれに比例して購入した絵画の評価も上がり価値も10万円にまで上がりました。
この時点で売ると5万円の利益が出ます。
しかし、もっと評価され20万円にも100万円にもなる可能性もあります。
逆にブームが過ぎて買った時の5万円より安い1万円にも1000円になってしまう可能性もあります。

10万円の時点でもっと評価されることに期待して買い足すことも可能ですし、新規で購入する人も出てくるでしょう。

為替取引では「絵画」=通貨、「作者」=国と考えていいでしょう。
国の評価が高まれば通貨の価値も上がります。

[chat face=”inu.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]どのタイミングで買ってどのタイミングで売るかが重要になってくるわけだ![/chat]
スポンサーリンク

まとめ:為替は商品価値(通貨価値)の変動で利益を出す投資法

リーマンショック以降の数年間はアメリカドルが暴落したのはアメリカという国(先ほどの例えで言う作者)の評価が一気に下がったためです。
この時に「アメリカドルを買っておけば勝てる!」と言っていたのはアメリカの評価が下がったのは一時的なものだと判断した人たちです。

こうやって、その国の情勢や経済成長率などから価値が上がるか下がるかを予想していくのが為替による投資法になります。

FXはこの為替投資が大前提になるのでしっかりと理解しておきましょう!