アラサー男の婚活ブログ Episode 8「イケメンではないのは分かってたがここまでモテナイとは…」

この記事はEpisode 7の続きです。

 

3回目のパーティー

気持ちを切り替えてまた同じサイトを使って婚活パーティーに参加しました。男性12人女性8人と今までで人数が一番多い会でした。
3回目ということで慣れたものだと会場に着くといつものiPadがなく紙のプロフィールを確認しながらのトークでした。
ちょっと戸惑いつつも頑張って話しました。3人目に話した女性が可愛らしく話も楽しかったのですが、あまり自分をアピールできなかった気がして心残りでした。
他にもトーク中ずっと爆笑し合ったり地元が近い大学生の方などと話しました。
男性が4人少なかったのでその間休んでどんな話をしたか整理できました。

 

またこの展開。

そして緊張の「いいねタイム」です。僕は2人の女性にいいねを送りました。今回は手書きなのですが相手の番号を書き間違えたりしてあせりました。

そして結果は…
3人からのいいねをもらいました!
しかも第1希望の子から来とるやんけ∑( ̄Д ̄;)
僕は送ってなかった隣の子からも来ててめっちゃ気まずかった(^▽^;)

ちなみに紙に書いて送るとスタッフの人がまとめて先に男性全員に配ってから女性に配るという流れでした。

そしてカップル希望を同じ2人に送りました。

結果は…

 

 
カップル不成立。
ちきしょおおぉぉーーーーーー。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

 

また滑り止めにされましたよ。
話の終わりに「トム次郎さんと話せて楽しかったです」とか言ってたのにぃーー!!ヽ(TдT)ノ

よく考えたらこのパターンが一番多いのかもしれないですね。
本当に悔しかった。

ちなみにこの会は男女比があまりにも離れていたので男性側に次回の割引サービスを用意してくれました。

 

スポンサーリンク

4回目のパーティー

あまりにも悔しかったので次の日の会に参加することにしました。(前と同じ展開だぜ!)
男性6人女性6人で初めて同じ人数での会でしたがその中の4人が年上でした。
あまり条件を見ずに応募してて終わってから女性側の年齢が32歳までの会だと知りました。このうっかりエピソードは次回も起きます(;´▽`A“

 

まさかの展開

何回やっても緊張する「いいねタイム」今回も2人の女性に送りました。

今回も紙に書いたものをスタッフに渡しました。

隣の女性が配られてたので「今回は女性の分を配り切ってから男性か(´ー`)」なんて余裕をかましていたら

 

 

 

スタッフ「ではカップル申請の時間に移ります」
えっΣ(゚д゚;) 俺ゼロ!?
地獄。なにこれ。
ていうかカップル希望の待ち時間なげーよ。俺にとっては完全に無駄な時間だよ。
だってなぜならゼロだから!(`・ω・´)
そりゃありえる話ですよ!そもそも僕が一番モテたのは幼稚園の時だし中学生の時もそれなりだったけど高校入ってからはさっぱりだし専門学校でまたちょっと盛り返したけど基本的にはモテませんからね( •̀∀•́ ) ✧

けどゼロって。。

このカップル申請の時間が永遠に感じられました。
これぞまさに「永遠の0」( ー̀ωー́ )
 

とりあえずカップル希望送ったけど当然不成立だよ!

なぜか女性が1人ずつ退席したあとに男性も1人ずつ退席しました。
このときスタッフに話しかけられていた男性がいたけどなんだったんだろう。

さすがの僕も心がズタズタになってしまったので昔行ったことのあるガールズバーで話を聞いてもらって励ましてもらいました( ̄∇ ̄*)

 

婚活ナーメテーター

このまま行けばうまく行きそう!なんて思ってたけどまだまだ先は長そうです。
何度も言いますがやっぱり婚活は就活みたいですね。
現在は初めのうちは最終面接までいったりしてたのに急に書類で落とされた感じでしょうか。
今までの僕だったらここらへんで諦めてますが今年はもがくと決めたのでまだまだ頑張ります!!

続く。
Episode 9「20代の女性限定に申し込んだのにやっちゃった…」